case1/土地をめぐるトラブル

 

およそ20年前、私がまだ小学生だったころに隣の古い家に住んでいたおばあさんとのトラブルです。

 

その方は大変変わった方で、私の家とだけでなくご近所トラブルが絶えないかたでした。

 

私の両親が家を建て直すタイミングで急に、お宅はうちの庭の土地まで使っている。

 

侵入してくるな。

 

と顔を合わす度に言うようになりました。

 

家を建て直す前までは特にうちの家には被害がなかったのですが、建て直すと決まってから人格が変わったようにうちの家に執着してきました。

 

後日近所の人に話を聞いたところ、建て替えの際に同じようなことを言われたとのこと。

 

しまいには当時小学生であった私にも、あそこは本当は私の土地なんだからねと話しかけてくる始末でした。

 

 

トラブルに対して行ったこと

 

隣に住んでいる為、外に出れば一日一度は嫌でも顔を合わせなければならず、嫌味もとどまることを知らない状態でしたので、両親が何度も話し合いに行き、時にはケンカして帰ってくることもしばしば…。

 

そんな中工事は着々と進み、それを見てまた小言を言われるというループが止まない状態でしたので、法的に解決することで決着をつけることになりました。

 

その方が言っていたのはただの言いがかりで、うちの土地がどこからどこまでで面積はこれだけあるという書類を揃え、何も言えない状況にしました。

 

家を建てる際に何かしら問題が浮上してくるのは自然とは思っていましたが、騒音で文句でなく、土地のことで色々言われるとは想像していないことでした。

 

case2/ペットの騒音や悪臭

 

現在住んでいる社宅の前に一軒家が数軒あり、その中の一軒が家の外で犬を飼っています。

 

その犬は、私達がベランダに出る音や洗濯物を干す音にも過剰に反応し、よく吠えます。

 

洗濯物を干している間中吠えられることもしばしばあるので、その際は大変イライラしてしまいます。

 

また、獣の臭いがキツいため、洗濯物に臭いが付かないかと心配したこともありました。

 

臭いにもイライラしますし、動物園にいるような気分になります。

 

動物園なら良いですが、リラックスする場である家で獣の臭いなんて嗅ぎたくありません。

 

引越しトラブル体験談

他には暴れたり犬掻きをしたりして、吠える以外の騒音もあります。

 

その際は飼い主が出てきて、「五月蝿い!」と叱っているのを聞いたことありますが、いつもではありません。

 

こちらは社宅ですが、相手は一軒家なので、基本は相手が引っ越すことはありません。

 

こちらが引っ越すことしか改善策はないと思われるので、引っ越すまでの辛抱と思って日々耐えています。

 

(長くてもあと4年です)
引っ越すまでの辛抱ですし、社宅で夫の会社にも迷惑を掛けないためにも、相手への苦情は考えておりません。

 

社宅に住んでいる他の人も同じように思っていることが分かったので、それだけでも少し気が楽になりました。

 

もし、お互いに引っ越すことがなさそうな場合(互いに一軒又は購入マンション)は、直接なんとかならないかとお話に伺うかもしれません。

 

その場合はずっと付き合っていかなければならないため、角が立たないよう話すことに気を付けたいと思います。