私の引越し体験談まとめ

日通:東京→宮城(自分で梱包)

東京チームは、家具等の梱包・工夫がしっかりしており、見ていても安心できる作業でした。

 

丁寧さもあり、遠方に運ぶにはここまで必要なんだなぁと感心し初めての経験でした。

 

宮城チームは、チームワークはよかったのですが、東京側で梱包したものに対して「ここまでしなくても」というような苦笑いを、客前でありながら見せており、不信感を抱いた。

 

作業は、私が見ていたこともあってか、丁寧にしていただけたと思います。

 

日通:宮城→東京(らくらくパック・夫立会い)

東京で荷ほどきしてみたら、最悪でした。

 

段ボールに何が入っているか、どこから出したものか、一切記載なく「雑貨」のひとことで終わらせており、丁寧に梱包されていたとも言えません。

 

最も問題だったのは、台所関係です。

 

食器は一枚ずつの包みではなく、段ボールの底に緩衝材もない状態。

 

もちろん、土鍋は欠けていました。

 

東京の荷ほどきチームも驚いており、こちらがご迷惑をおかけした気持ちになりました。

 

本来であれば、会社内での連携の問題もあるかと思っています。

 

日通は、地域差が大きいと思われます。

 

東京チームは、意識の高い方が多いと思いましたが、宮城チームでは、徹底されてない点が多い印象を受けました。

 

アート引越し:都内(自分で梱包)

作業も速やかで、リーダーの指示がしっかりとバイトの方にまで伝わっている印象を受けました。

 

丁寧だったと思います。

 

困った点は、営業の方が提示した額と作業の方が請求してきた額が違っていたことです。

 

すぐに確認をとってくださり、元の提示額となりましたが、少し残念な部分です。

 

また、新居に搬入する際、耐震グッズや冷蔵庫下フローリングの傷つき防止マット等の宣伝をしていただいたのですが、それがしつこかったかなぁと。

 

結局、2点程購入しました。

 

スタッフの方も購入してもらうよう指導を受けてるんだろうなぁと同情せざるをえませんでした。

 

惜しいと思った引越し

 

子供が小学生だったので、引っ越しの時期を悩みました。

 

長距離移動ではないのと、転勤等ではなく、戸建てへの引っ越しだったので、急ぎではなかったのですが、学校の進級に合わせて移動したかったので、その点が難しかったです。

 

なぜかといえば、三月は転勤の季節なのと、私たちと同じように子供に合わせての引っ越しを考える人が多いからです。

 

引越し苦労談

家は決まっていたので、1月くらいから引っ越し業者を探し始めたのですが、ある引っ越し業者では、やはり3月は忙しいので、2回に分けてはどうでしょう?と言われ、1回目で日常使わないものを運び、学校が春休みに入ったら、2回目でそのほかを全部運ぶというものでした。

 

値段もかなり高かったです。

 

そんな経緯があったので、サカイに見積もりをしてもらった時は驚きでした。

 

3月でも学校が春休みに入ってからの1回だけの作業でOKだったのと、値段もほかのところよりも数万円安かったのです。

 

サカイを使うのは2回目だったので、そのままお願いすることにしました。

 

引っ越し当日も、気持ちよく作業していただき助かりました。

 

ただ、一つ残念だったのが、1回目の引っ越しの時は、照明の取付等も手伝っていただけていたのですが、そのサービスがなくなってしまったことです。

 

もう、引っ越しはしないので、使うことはないかと思いますが、このサービス、高いところに手が届かなかったりするので復活してくれるといいなと思います。

 

引越し苦労談記事一覧

福岡県小倉市旦那が地方公務員なので住んでいる県内の転勤しかないので住むことはできませんが…テレビで子育てに向いている所としてあげられていて遊ばせれる所が沢山あったり夜間医療など子育て世帯に優しい所だなと思いました。住んでいる県は公園や室内で遊べるところもありますが大きい公園は遠いしあまりないです。室内で遊べるのは無料な所もありますが遊ぶにしては結構なお金を払わないと遊べなかったり…住みたい所には室...