お隣さんとの騒音問題

 

4年前、高円寺の新しいマンションに引っ越した時のことです。

 

引っ越しで荷物を運んだ後、何日かして荷解きが完了したので部屋全体に掃除機をかけました。

 

掃除機をかけたのが夜23時。

 

騒音で近隣に迷惑をかけることを考えたら夜中に掃除機は常識的にマナー違反です。

 

案の定、隣の部屋から抗議の意味で壁を「バンっ!」と叩かれてしまいました。

 

これは私自身、良くなかったなととても反省しました。

 

それからは騒音となるような特別大きな音を立てずに生活していたのですが、ある日、管理会社から手紙が届き、「隣の住人から騒音がうるさいと連絡がありました」と書かれていました。

 

私は掃除機の一件もあったので、気を付けながら生活していたのですが、軽量鉄骨のマンションで音が響きやすいのか、テレビや洗濯機の音がもれていたのかもしれません。

 

しかし、どれも生活する上で常識的な音のレベルです。

 

それからは更に生活音に気を付ける生活をしました。

 

洗濯も休みの日のお昼にまとめてやるようにして、テレビの音もかなり小さくするようにしていました。

 

防音のカーペットを敷いて、下の人にも歩く音が響きづらいように考慮しました。

 

なのにその何週間後、今度は仕事中に管理会社から電話があり、またクレームがきてるというのです。

 

さすがに腹が立って、「私の部屋にクレームが来てるんですか?以前注意されたので、かなり音に気を付けて隣の人の事に常に気遣いながらストレスのたまる生活をしてるのに、まだクレームが来るんですか!?何の音がうるさいと言ってきてるのですか!?」と聞くと、「○○さん(←私)と断定しているわけではないのです。

 

みなさんに気を付けてほしいので、隣接してる住民の方みなさんに連絡させていただいています」と言われました。

 

でも、わざわざ仕事をしてる時間に個人の携帯に電話をかけてくるというのは、私と特定してクレームを言ってきているとしか思えませんでした。

 

その後の対応策について

 

管理会社からのクレームの連絡に対して抗議して、しばらくは特に更にクレームがくるというのはありませんでした。

 

しかし、その連絡後は、仕事が終わって帰ってきて、外からマンションを見上げた時に、隣りの部屋の電気がついているだけで、「あぁ、もう帰ってるんだ。」と憂鬱になってストレスがたまる毎日。

 

親に相談したところ、「はじめの掃除機の件で隣の人は○○(←私)に対して過敏になってしまってると思うけど、生活レベルの音は必ず出るものだし、集合住宅に住んでる以上、それはよっぽどの騒音でないかぎり少なからず我慢しないといけないもの。

 

私の生活体験記

だからもう気にせず、普通に生活したらいいよ。

 

それでもクレームが来るようなら、都の騒音相談窓口に連絡すればアドバイスしてくれるよ」と言われ、かなり心が軽くなりました。

 

それからは気にせず生活し、隣からのクレームは来ず、その半年後くらいに隣人は引っ越していきました。

 

もしかしたら私に対しての不満で引っ越したのかもしれませんが、特に私は最低限の生活音レベルで生活していたので、特にそのことに気にせず、その後は平穏に生活していました。

 

以上のことから、朝はやくから深夜まで人通りが多く、騒がしいところは避けた方がいいですよ。

 

パチンコ、キャバクラ、カラオケなど娯楽施設がありすぎるところ。

 

治安の悪いところ。

 

地方自治体のサポートがあまりないところ。

 

医療や育児、介護のサポートなどは、その地方自治体によって程度にかなり差があると思うので十分に行われていないところにはすみたくありません。

 

図書館や、スポーツ施設なども整備されていないところは、暮らしの中でゆたかさを感じることが出来ないので住みたくありません。